スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.05.16 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    クリスマスリースがお正月のお飾りに変身

    0


      あけましておめでとうございます。

      2015年は、手作りのお飾りを掛けています。


      これは、昨年のクリスマスリースをお正月仕様に変身させたもの。

      クリスマスリースは、12月の初旬に生木のリース台を準備したものの放置、
      飾りをつけて、家の前に飾ったのは24日の夕方だった。




      一度は、飾ったものの(上の写真)、25日には、家族にはずされもっと豪華な
      かざりがつきました。

      そして、クリスマスが過ぎ。。。

      僕が住んでいた、カナダのトロントでは、年が明けて1週間くらいは、
      クリスマスツリーやリースを普通に飾ったままにしている家庭も多かった。
      だいたい1月10日ごろに、生木のクリスマスツリーをゴミとして清掃局に
      回収してもらえる日があり、その日までは、ツリーなどを飾っていたりする。

      我が家は、12月28日にクリスマスリースがお正月のお飾りに変身した。

      written by 夫





      JUGEMテーマ:狭小住宅

      蓄熱式床暖房のメインテナンス

      0




        マルコヴィッチな家の床冷暖房は、ほぼメインテナンスフリー。
        でも、年に一度、念のため循環用の不凍液のレベルをチェックして、少し水を足します。
        自然に蒸発して、液が濃くなるため、1〜2年に一度、水をたした方が良いそうです。
        というコトで、「ほぼ」メインテナンスフリーみたいです…





        メインテナンスついでに車のバッテリーも充電です。

        床暖房を入れました

        0
          今朝から、床暖房のスイッチを入れました。

          蓄熱式なので、少し早めに温度設定を低くして、徐々に暖めていきます。

          (written by 夫)

          夜のひと時と煙草

          0
            一日の終わりに、ハーブティーを飲みながらリラックスしているとき、
            ベッドに入って寝ようとしているとき、

            他の部屋で誰かが喫煙しているかのように、煙草の臭いがしてくる。
            窓をあけているので、道路で誰かが煙草をすっているのかと、
            窓の外を見てもだれもいない。

            マルコヴィッチな家の裏側の家の中で、だれかが煙草をすっている臭いが、
            わが家の中まで、入ってくる。

            さんまの臭い、電話の呼び鈴、古いタンスのようなカビ臭いにおい、
            まどを開けていると、近所の人たちと同居しているような狭小住宅。

            そのわりには、人々の話す声は聞こえてこない。
            皆、会話してないのかなあ、と思いながら、夜のひと時をむかえる。

            (written by 夫)


            JUGEMテーマ:狭小住宅

            お風呂が沸きました!

            0
              ♪チャララ〜ララ、ラ〜ララ、ラ〜ラ〜…♪ お風呂が沸きました!
              あー、どこの風呂が沸いたんだろ?

              密集地ゆえ、こういうのも仕方がありませんな。

              (written by 妻)
               
              JUGEMテーマ:狭小住宅

              ポチッとお願いします。
              にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
              にほんブログ村

               

              こどものお気に入りの場所:学習スポット

              0
                小学校一年生になった息子。

                毎日の宿題をどこでやるか。。。学習机か?ダイニング テーブルか?

                小さなマルコヴィッチな家にはシステム学習机を置くのは無理。
                そのため、IKEA製の青い小さな机と椅子を購入。
                ほとんど使うことなく、教科書や学習道具をおく場所になった。

                保育園の年長の頃から、1年くらいはダイニングテーブルで絵を描いたり
                迷路をしたり、小学校の宿題もやっていたが、

                ひと月くらい前、ついに ”自分のスポット(場所)" を見つけてしまったようだ。

                凄くおちついて集中できて、家族のみんなとも近くにいられるスポット。




                そう、階段です。

                クリップ式のライトで、手元を照らして机のように階段をつかっています。
                後ろには、ダイニングテーブルがおいてあり、夕食後、夫婦で談笑している
                のを背に宿題や赤ペン先生の問題をやる。集中できるそうです。

                それでも、たまに、夫婦の話が盛り上がりすぎると、

                「うるさいから、しずかにしてくれるっ!!」

                と、注意されてしまうことも。




                毎日、30分から1時間は、階段に向かっています。

                (written by 夫)





                JUGEMテーマ:狭小住宅

                メッセージボード

                0



                  毎日顔を合わせているけど、ちょっとしたメッセージ。内容はなんてことないものだけど、口で言うのと文字で表すのでは伝わり方が少し違うのでは?と思うのです。

                  このマグネット式のボードは、私よりも早く帰宅する息子への指示を書くために用意したのですが、指示を書いたのはたった1回だけ。毎日他愛のないことを書いています。息子も読んでいるのやらいないのやら...。

                  上の写真は私が書いたもの、下の写真は夫が書いたもの、いずれも息子へ宛てたものですが、夫が一日の中から選んだたった一つのトピックスを読むと、へえー、そうなのかと感心することもしばしば。けっこういいものです。

                  壁の一つを黒板にしている家もありますね。家づくりをしているとき、「黒板はいらないよね」とたしか夫婦で話したことがあったと思います。黒板に書くことなんてあるのかな?と当時私は思っていました。だけど、家の中に書く場所があったら、家族がそこに書いたものが伝える何かがあったりするのかもしれませんね。



                  (written by 妻)JUGEMテーマ:狭小住宅

                  ポチッとお願いします。
                  にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
                  にほんブログ村

                  我が家に小さな仲間が加わりました

                  0
                    昨年の11月のこと、マルコヴィッチな家に新たな仲間が増えました。



                    FIAT500F 1969年製です。
                    クルマのサイズは、2980 x 1290。

                    4.2メートル x 1.55メートルしかない、家の前のタタキのスペースに
                    ピッタリなサイズです。



                    それから5ヶ月、
                    家族3人で問題なくのっています。

                    (written by 夫)
                     

                    キッチンがペイントショップに変身

                    0
                      家族より、一足先に正月休みから帰宅。

                      今日は、作品制作。
                      パワフルな、換気扇と、フラットなキッチンカウンターは、ペイントブースに最適です。

                      作品の台座に、工藝漆を塗布中。

                      ここなら、本漆もいけそう。





                      マルコヴィッチな家の年末

                      0
                         一年の締めくくりは、懐かしい友人と新しい友人との集まりでした。

                         玄関であり、リビングでもあり、ダイニングキッチンでもある土間空間は、それぞれが好きなおしゃべりをし、好きなことをしてくつろぎ、やりたい人が料理をし、食器がたりなければ手の空いている人が食器を洗う、集まった人々が気兼ねなく参加できる空間です。建築家の佐々木さんが言う、招待する人と招待される人、或いは作る人と食べる人の間に境のない空間とはこんな空間なのではないかと思いました。

                         今年も残すところあと2日となりました。この一年、この家で楽しい仲間と楽しいことに出会い、楽しく家族と過ごすことができました。来年もまたこの家が楽しい出会いの場となることを願っています。

                        (written by 妻)


                        JUGEMテーマ:狭小住宅

                        ポチッとお願いします。
                        にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
                        にほんブログ村
                         

                        << | 2/17PAGES | >>

                        Small House Story

                         

                        建物概要

                        スキップ フロアの狭小住宅
                        通称:マルコヴィッチな家
                        木造2階建 SE構法
                        土地面積:46平米(13.9坪)
                        建築面積:25.4平米(7.7坪)
                        延床面積:50.02平米(15.1坪)

                         

                        links

                        profile

                        ブログランキング参加中

                        ポチッと応援お願いします。
                        にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
                        にほんブログ村

                        人気ブログランキングへ

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recent comment

                        search this site.

                        others

                        その他のランキング

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        PR

                        recommend