スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.05.16 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    工事見積りと見積り額の調整

    0

      見積り依頼をしていた工務店から、見積りがあがってきた。

      初回は、予算の約10%強のオーバー。
      ここでまず、建築家の佐々木さんがコストを削れる部分の洗い出し。約30ページにわたる見積書。

      例えば、フロアリング材や屋根材などを仕様やグレードをほとんど落とさずに、工務店が得意の仕入れルートを持っているメーカーに代えてみる。これだけで、数万円のコストダウン。

      そして、あまり必要ない部分でコスト高になっている部分を、デザインの質を落とさずに変更。さらに、ペンキ塗り等、DIYで対応できるところを洗い出し、さらなるコストダウン。

      佐々木さんが高いと思う所は、そのまま工務店に減額要請。

      こういうのを含めて再見積りを取る。予算オーバーを、5%強まで圧縮。

      次に、佐々木さんと僕で見積りをもう一度見直して、取捨選択。食器洗い機を国産に変更したり、後に出来る、表面的な部分を捨ててみる。構造や断熱、基本コンセプトに関わる部分は変更せずに、捨てることろは捨てる。作り付けの本棚や机をやめてみた。これが以外とコストダウンにつながる。

      家に帰って、妻と一緒に見積書をチェック。メーカー品や見慣れない材料を、品番等をおっかけて、全て、調べてみる。妻とgoogleの組み合わせは最強だ。なんでも、リサーチしてくるのだ。

      そしてついに、最終的には予算+2%程度の数字におちついた。

      この2%も、食器洗い機やビルトイン オーブンなどは、もともと建築の予算に入っていなかったと思ったので、これらを差し引けば、ほぼ予算通りだ。これで最終的な見積りを出してもらった。

      来週は、ついに、工務店との契約だ。
      (written by 夫)



      JUGEMテーマ:狭小住宅 



      ポチッとお願いします。
      にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
      にほんブログ村





      スポンサーサイト

      0
        • 2016.05.16 Monday
        • -
        • 23:48
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        Small House Story

         

        建物概要

        スキップ フロアの狭小住宅
        通称:マルコヴィッチな家
        木造2階建 SE構法
        土地面積:46平米(13.9坪)
        建築面積:25.4平米(7.7坪)
        延床面積:50.02平米(15.1坪)

         

        links

        profile

        ブログランキング参加中

        ポチッと応援お願いします。
        にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
        にほんブログ村

        人気ブログランキングへ

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        search this site.

        others

        その他のランキング

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        PR

        recommend