スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.05.16 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    不思議な縁がある

    0
       住む場所には縁があると思います。

       現在住んでいるこの場所は、私の父が育った場所だそうです。職場に近いからということを最優先で探しただけだったのに、まさか父が暮らしていたところに自分が暮らすことになろうとは思いもしませんでした。

       それから10年余が経ち、家を建てることになりました。選んだ土地は、聞くところによると、父が住んでいた場所にさらに近いそうです。祖父母も父も他界した今となっては具体的な場所はわかりませんが、私がこの土地を選んだことには、不思議な縁もあるのかなと思いました。

       そして、その土地を私の父とそっくりな眉をした息子が走り回っています。息子の顔を見ていると、父もこんな眉でこのあたりを元気いっぱい走り回っていたのかなと温かい気持ちになります。

      (written by 妻)

      JUGEMテーマ:狭小住宅


       
      ポチッとお願いします。
      にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
      にほんブログ村


      違法建築

      0
         我が家の建設予定地が接する道路の下水道工事が始まった。

         この土地の以前の所有者が、本来、位置指定道路(4メートル幅)とされている所に、大胆にも家を建てて住んでいたために、道路や下水道設備がなかったからだ。

         やや広い違法建築の家が二棟壊され、そこに、狭小住宅が八軒建つ。道路の整備費用は、八軒で折半だ。土地探しの時に、本当に下水道を整備してくれるのかと、心配していたが、契約通り整備を始めた模様だ。

         この道路は、位置指定道路としての行政からの指定は昭和20年代。戦後の混乱期に、建ってしまった感じだ。また、いろいろな法令の制定以前に建った古い家も依然として残っている。東京には、こんな家がまだまだたくさんある。
        (written by 夫) 


        JUGEMテーマ:狭小住宅


        頑張って書きますので、動機付けにポチッとお願いします。
        にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
        にほんブログ村





        土地の取得と住宅ローン

        0
           
          黄色い線の内側で約14坪

           土地探しと建築家探し、住宅ローン借入のための銀行探し、建築家と家を建てる際のパターンのひとつとして、この3つを同時にやる場合がある。僕たちの場合がそうだった。
           土地を取得するために手付けを払うタイミングには、銀行からの住宅ローン借入の仮審査が通っていることが重要で、そのためには、建築する家の仮プランを銀行に提出しなければ仮審査もしてくれない等々、どこから先にやれば良いのか???となる。

           銀行の方も、口座を持っている程度でたいした付き合いがないと、特にクレジット履歴にネガティブな点がなくても、条件は悪いし、提出書類は多いしでかなりハッスルすることになる。この辺の解決策としては、ネットバンクでネット上で仮審査を申し込むとか、不動産屋に懇意の銀行を紹介してもらい、適当に建て売りのチラシを持っていって仮審査をしてもらうというのが、まあ、普通らしい。こうすると、簡単に仮審査は通るし、利息の優遇もかなり受けられる。銀行は紹介してもらうに限る。仮審査は基本的には、借入人の財務状況の審査である。本審査は、本人の財務に土地の担保価値、契約の工務店の信用度、建築士の信用度と、本当に家が完工して、その家を担保にできるかまで踏み込んでくるものだ。

           土地が小さく狭小住宅で工務店契約が済んでいないの場合には、仮審査が通っても、本審査が通らないとか、本審査が通らなそうだからウチの銀行では勘弁してくれという回答をもらうこともある。特に都銀は渋い。15坪以下の土地の住宅はやりたくないとかあるらしい。銀行の担当者や支店によって対応はまちまちになる。貸してくれる時もあるし、貸してくれない時もある。銀行としても商売でやっているので、手間の割りにリターンが少ない案件はやりたくないのが本音だ。都銀は、マンションとか分譲住宅、財閥系のハウスメーカーと建てる等が好きなようだ。

           地銀や信金は、比較的融通が利くことが多いらしい。工務店が決まっていなくても、建築家との契約が出来ていれば、土地の先行取得というやりかたで、住宅ローンが組める。銀行の担当者が過去に同じような案件を扱ったことがある場合は話が通りやすい。建築プロデュース会社はこの辺は得意だ。彼らはお得意の銀行(担当者と支店)を持っているからだ。でも、それではつまらないという場合は、自分で頑張る。不動産屋さんの担当者も、銀行の担当者も、自分も、みんなで学んでいく、そんな感じになる場合もある。

           希望の土地を見つけてから、手付けを払い、契約の解除条件付きの契約、本契約、登記等まで、約1ヵ月くらいは、結構、ストレスを感じる。生命保険にも入るので、いろいろな疾病補償等つけて安心したいなら、健康にも気をつけて検診結果をもっていないと、そこでもハッスルすることになる。

           僕の場合はアドレナリンが、いつになくたくさん出た1ヶ月半だった。ランナーズハイではなく、リアル エステート ハイみたいな感じだ。基本的には左脳が頑張ったのだが。それと、佐々木さんにも無理をいって頑張ってもらった。短期間にも関わらず、質の高い設計案が出て来て驚いた。実際、驚いたのは後日で、いろいろ設計案の突っ込みどころを研究していた時に、そう実感した。
          (written by 夫)



          JUGEMテーマ:狭小住宅


          ポチッとお願いします。
          にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
          にほんブログ村





          東京都の液状化予測マップで土地探し

          0
            液状化マップ


             土地探しを始めようかと考えていた頃に、あの3月の大震災があった。東京湾の臨海地域での液状化現象をテレビの映像や、実際に地盤が隆起してしまった場所などをリアルタイムで見てしまった。それ以来、土地の地盤が土地を探す時の大きな関心事の一つになった。

             東京都の液状化予測図と土地の候補を照らし合わせ、地図上のピンクの所は避けようと候補を絞っていった。土地の値段は巧くついているもので、液状化の心配の少ない緑の部分の土地は価格もそれなりだった。緑の部分でも地価が比較的安い地域はあるが、駅から徒歩20分以上か、もう一つのハザードマップである洪水地図による浸水地域だったりした。例外といえば、駅の近くだ。そういう場所は、液状化や浸水に関係なくそれなりに地価も高い。

             いろいろ考えていると、もともと探そうと考えていた地域までNGに。「買える場所が無い」という現実がチラホラ遠くに見えて来た。そこで発想の転換。液状化については、液状化予測図の緑部分に近い黄色い部分で旧東海道の陸地側。昭和初期には田んぼや水路だったところは避ける。浸水については、多摩川が万が一氾濫したときにでも道路が浸水するくらいで治まりそうな場所。そして、これから建てる家の1階は全てコンクリート土間にしようと思った。
             マルコヴィッチの家の建設予定地は、まだ地盤調査はやっていない。近々行う予定だが、どのくらいの地盤改良が必要になるか、土地探し時の僕の推測は少しは当っているのだろうか、大変に興味深いところだ。
            (written by 夫) 



             



             JUGEMテーマ:狭小住宅





            ポチッとお願いします。
            にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
            にほんブログ村





            | 1/1PAGES |

            Small House Story

             

            建物概要

            スキップ フロアの狭小住宅
            通称:マルコヴィッチな家
            木造2階建 SE構法
            土地面積:46平米(13.9坪)
            建築面積:25.4平米(7.7坪)
            延床面積:50.02平米(15.1坪)

             

            links

            profile

            ブログランキング参加中

            ポチッと応援お願いします。
            にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
            にほんブログ村

            人気ブログランキングへ

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            search this site.

            others

            その他のランキング

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM

            PR

            recommend