スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.05.16 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    オール電化:ガス管を引き込むかどうかの選択

    0

       マルコヴィッチな家は、オール電化になる予定でいる。そこで、ガス管はどうするかという選択が必要になった。

      現状は更地。上下水道もガス菅も入っていない。これから引き込むので、どんな選択でも可能だ。

      上下水道は必要案件。でも、オール電化の家にガスは不要。とは言っても、長期的な視点で見れば敷地内まで、引っ張っておいた方が何かあったときに、ハッスルが少ない。

      結論として、敷地内の角に引き込んでおくことにした。ガスについて、ガス管自体を敷地内に引き込むかどうか、そんな選択肢もあったのだ。


      JUGEMテーマ:狭小住宅

      半地下プロジェクト

      0

        狭小住宅1階


         キッチンから続く1階のロフトを半地下にしたいと考えていたことがあった。半地下や地下はある一定の割合まで延べ床面積に積算されない。そして、ロフトも延べ床面積に積算されない。ならば、ロフトを半地下にしてみたら、天井の高い、というか床の低いロフトとして2メートルくらいの天井高をとれないか。自分なりに考えてスケッチしてみた。手前右がロフトで階段を3段あがった奥がキッチン。白塗りのレンガの壁のイメージ。

         。。。延べ床面積と地階の考え方は別物らしく、これではロフトで無くなってしまうらしい。残念。でも、一時は、このアイデアで1週間くらい一人で盛り上がっていた。楽しかった。
        (written by 夫) 



        JUGEMテーマ:狭小住宅




        ポチッとお願いします。
        にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
        にほんブログ村





        ものすごく風変わりな構造

        0

           se構法

           マルコヴィッチの家の基本構造はSE構法という構造。SEとはSuper Eccentric構造の略で、「ものすごく風変わりな構造」という意味。まさに、マルコヴィッチの家向きだ。

           と、そんなわけはなく、本当は、Safety Engineering構法だそうです。これは、木造を鉄骨のラーメン構造のように組んでいくものらしい。はじめて、ラーメン構造ときいたときは、やはり、普通のラーメンを思いだした。このラーメンは、ドイツ語のRahmenのことで、額縁や枠というような意味。

           SE構法のメリットは、鉄骨造のように自由で開放的な間取りをとれる、木造2階建でも立体解析による構造計算を行って強さを裏付けているなどがあげられる。確かに、木造の在来構法で建てるよりはコスト高というデメリットはあるが、鉄骨造より安く、税金も木造と同じというところでもオフセットできる。

           SE構法なんて、聞いたことなかったけど、結構よいかもしれない。
          (written by 夫) 


          JUGEMテーマ:狭小住宅




          ポチッとお願いします。
          にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
          にほんブログ村





          部屋のない家

          0

             この家にはいわゆる部屋はありません。といっても、居場所がある家。佐々木さんが提案してくれたのはそんな間取りでした。

             「コーヒーを持って今日はどこにしようかなと、好きなところで本を読んだり、音楽を聴いたり、この家はそんなことができる家です。」

             佐々木さんはこう話してくれました。

             部屋がないのにそれぞれの居場所がある家。想像してみたらとても楽しくなります。階段やちょっとした段差に座ってみたり、天井の低い空間に籠ってみたり。

             部屋のない家でお互いの気配を感じながらそれぞれの時間を過ごす。この家でそんな穏やかな時間が流れたらいいなと思います。

            (wirtten by 妻)

            JUGEMテーマ:狭小住宅


            ポチッとお願いします。
            にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
            にほんブログ村

            必要最小限寝室と空間に浮く浴室 - 2階部分の基本設計その2

            0
               
              マルコヴィッチの家2階図
              2階寝室と浴室を上から見た図

               必要最小限な寝室、4畳くらいの広さだろうか。2階にあるこの寝室には、クイーンサイズ(約160cm x 210cm)のベッドが入る。我が家では寝室は、みんなで寝るだけの位置づけ。*バチェラー (bachelor) タイプの部屋を借りて住んでいたときを除いては、結婚前から僕は寝室をそう使ってきたし、妻もそうだったようだ。そして、今も僕たち3人は、寝室ではほぼ寝ているだけだ。

               寝室からつながる廊下を渡ると、押しても引いても開くドアがあり、その向こうは洗面所と浴室。洗面所と浴室の仕切りはシャワーカーテンで、お風呂に入らないときはカーテンを開けておく。仕切りが無いので、風通しがよくドライを保ちやすいそうだ。僕がカナダに住んでいた13年間、ずっとシャワーカーテンを使う生活をしてきたが、かなり水が飛んでもカーテンの向こうには水滴は飛んでいかないものだ。バケツでシャワーカーテンに向かって水を掛ければひとたまりもないが、わざわざそんなことをする奴は息子しかいないので特に心配なし。一度はやっても、すごく怒られるので、二度とやらないだろう。

               外向きのガラス窓は180cm x 170cmくらいと大きく、それがスライドして開く。隣の家の北側斜線規制の屋根勾配の上を臨むような窓になっているので、日も良くあたる設計になっている。我が家は洗濯物は室内干で、この浴室に干すためだ。


              マルコヴィッチの家2階側面
              2階寝室と浴室を側面から見た図

               家を側面から見ると、浴室が2階の空間に浮いているように見える。木造とは言っても、SE構法を採用しているので、このようなことが出来るという。そして、廊下とは反対側の浴室の壁には、2200cm x 700cmの大きなハメコミ式の窓がついているため、明るく開放感のある浴室になると思う。

               寝室には壁もドアもない。もちろん、家の内側に向かっての仕切りに関しての話だ。

              (written by 夫 )  


              *バチェラー (bachelor) タイプの部屋:ワンルームアパートか1Kみたいな感じの間取りの部屋。



              JUGEMテーマ:狭小住宅




              ポチッとお願いします。
              にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
              にほんブログ村





              マルコビッチな空間 - 2階部分の基本設計

              0

                2階ロフト
                2階階段踊り場、2階ロフト、2階北東の部屋、座る男の図
                 

                 上の図は、マルコヴィッチな空間を含む2階部分。グレーチング床の空間から半階あがった所に階段の踊り場があり、その向こうに天井高約1.4メートルの2階ロフト部分=マルコヴィッチな空間がある。この空間の横には扉付きの収納。そして、このマルコビッチな空間を少し屈みながら抜けると、天井高5メートルの空間が広がる。
                 といっても、部屋の広さは3畳程度なので、空間は主に上に広がることになる。ただし、図の中の座る男の位置に座って正面を向くと、視界はマルコヴィッチな空間を通り抜け、グレーチング床の空間の奥の壁や窓の外まで広がる。


                2階ロフト側面
                 家の側面図と座る男


                 座る男を側面から見ると上の図のようになる。その男は、正面8メートル強の見晴らしと、頭上には高さ5メートルの天井を仰ぎ見ることができる。
                 小さな家とは言っても、圧迫感は少ない設計になっている。

                (written by 夫)  



                JUGEMテーマ:狭小住宅


                ポチッとお願いします。
                にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
                にほんブログ村







                基本設計の図面を体験する方法

                0

                   家の基本設計の段階では、天井の高さや廊下、部屋の広さ等が気になります。そんな時には、実寸大のシミュレーション。写真は、マルコビッチの部屋の天井高を体験するために簡易に作ったもの。新聞紙の下部のところから、奥に向かって2メートル近く簡易の新聞紙天井がはってあります。この下を、2日から3日間行ったり来たりして生活すると、なんとなく感覚がつかめる。

                   その他には、平面図を立体に描き起こしてみる良いです。巧く行かないときは、何度も何度も描くと、だんだん感じがつかめて来ます。



                   そして、何よりも簡単で良いのは、巻き尺を持ち歩いて、自分の行った先々の場所を計りまくる。「ここの家のトイレは、ウチの図面のトイレの横幅と同じだ。こんな感じか。」と言うように、部分的に実体験できる。巻き尺の携帯はおすすめです。

                  (written by 夫)  



                  JUGEMテーマ:狭小住宅



                  ここをポチっと。
                  にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
                  にほんブログ村





                  グレーチングの床リビング - 1階部分の基本設計 その2

                  0

                    1階を上面から見た図 1/50


                     リビングとして使う予定の1階ロフト上の空間は、全面FRPグレーチングの床にすることにした。ロフトに置く予定のピアノの上部だけをグレーチングにしようかと考えていたところ、佐々木さんからの全面グレーチング提案。ロフトは天井が低く、ピアノの反響音がものすごくなり耐え難いというデメリットの改善と、ユニークなデザインを建築に取り入れることを両立。さすが、建築家。一歩先に行っています。


                    1階のダイニング・キッチン、ロフト、ロフト上を側面から見た図 1/20


                     我が家で使用するグレーチングはFRP(強化プラスチック)製で、四センチ角の格子状になっている。床の下に設置された照明を点灯すると、白いグレーチングが青緑がかって下からの光りを通します。その上に立っていると、なんとなく空中に浮いている感覚がある?かもしれない。

                     グレーチングは、その上に直接座ると、お尻に格子状の痕がつく。でも、我が家はリビングでの基本はカウチなので、その辺は割り切って。それでも座りたい時は、クッションとかを敷けばOK
                     

                    1階を側面から見た図(グレーチング男付き) 1/20


                     そして、このスペースは、ロフト上の梁の所に座れば、ダイニング・キッチンにいる家族と話したり、入り口の木戸の外を眺めたりして楽しめるのだ。



                    *グレーチングとは、ステンレスやアルミ、FRPなどの素材を格子状に組んだ溝蓋で、道路の側溝のカバーなどに使用されているもの

                    (written by 夫)   


                    JUGEMテーマ:狭小住宅






                    オープンなダイニング&キッチン

                    0
                       「土間のダイニング&キッチン」でご紹介しているとおり、家の中に入るといきなりダイニング&キッチンです。

                       私がオープンなダイニング&キッチンに賛成したのは、一人で閉じこもって料理をするのが嫌だったから!そんなことが理由ではありません。

                       我が家では毎夕こんな光景が繰り広げられています。

                       保育園に通っている息子の迎えは夫が担当。私は一足先に帰宅して2人を出迎えます。

                       「ただいま〜!!」
                      (息子はなぜか「おかえり〜!!」と言いながら帰ってきます)

                       2人はキッチンに直行、冷蔵庫を開ける。乾いたのどを潤しながら一日の話をする。夕食の準備をしている私ももちろんキッチンにいます。つまりキッチンに家族全員が集まっているのです。

                       だったら、「玄関開けたらすぐキッチン!」という間取り、すごく効率的でいいじゃない♪と単純に思ってしまいました。

                       キッチンは家の中で生活感が出てしまう場所のひとつです。まる見えであってもカッコいい空間にするにはどうしたらいいか、そんなことを考えながら建築家佐々木さんと私たちは家づくりを進めています。

                      (written by 妻)


                      JUGEMテーマ:狭小住宅


                       

                      土間のダイニング&キッチン - 1階部分の基本設計

                      2
                      1Fno

                       「1階はコンクリートの土間ダイニング&キッチンにして、カフェ&ギャラリーの様なスペースにしたい」という希望から提示された佐々木さんの設計案。ダイニング、キッチン、トイレ、ロフト(天井高140センチのスペース)が配置されている。家の前側のアプローチから奥のロフト部分まで全てコンクリート土間となっている。

                       いわゆる従来型の玄関は作らずに、ガラスサッシをアレンジした入り口。その外側に木戸。木戸と入り口の間もコンクリート土間で、家の外側と内側の中間地帯。入り口には木の引き戸が欲しいという希望と準防火地域という建築上の法的規制の両方をクリアした佐々木さんの提案。中間地帯は基本的には外、ガラスサッシから内側が家の中となる。ここは、お気に入りの場所になりそうだ。

                       気候の良い休日は、ガラスサッシと木戸を開けて、家の前側のアプローチ エリアをパティオとして、ブランチやバーベキューなどを楽しめる。

                       そして何よりも嬉しいのは、床がコンクリート土間なので、僕のアート作品制作のアトリエとしても使える。。。使わせて欲しい。
                                                              (written by 夫)

                      JUGEMテーマ:狭小住宅







                      | 1/2PAGES | >>

                      Small House Story

                       

                      建物概要

                      スキップ フロアの狭小住宅
                      通称:マルコヴィッチな家
                      木造2階建 SE構法
                      土地面積:46平米(13.9坪)
                      建築面積:25.4平米(7.7坪)
                      延床面積:50.02平米(15.1坪)

                       

                      links

                      profile

                      ブログランキング参加中

                      ポチッと応援お願いします。
                      にほんブログ村 住まいブログ 超狭小住宅へ
                      にほんブログ村

                      人気ブログランキングへ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      search this site.

                      others

                      その他のランキング

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      PR

                      recommend